人気ブログランキング |

ライフスタイルにあったお客様の想いをつくり出していく家づくりをお手伝いいたします。


by i-tsc
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

カテゴリ:アドバイス( 3 )

何方にも不安はあります

会社勤めからリタイヤして悠々と人生を過ごしている人・・・
同じ団塊世代で、悩みながら日々過ごしている方・・・


今の起こっている事は、積み重ねてきた結果ですから、

厳しいですが・・・・・・・

同じ世代の方が悩んでいるのに、ほおっておく訳にはできません。


住宅建築に携わって40年になります。
今で続けてこれたことに感謝しています。
何か恩返ししていかなければと思っています。


ご縁のある方に積極的に、「家に関わるお悩み」がないかお声をかけています。

特に、住宅ローン返済に困っていないか?

今までの経験を生かして、アドバイスをしています。



先日、リフォームのお客様と打ち合わせが終わり、

「嫁がれた娘さんは、住宅ローンのチェックをされていますか?」と

お尋ねしたところ、

「娘は繰り上げ返済をして意識しているが、私の家が大変」と

打ち明けられました。

私は、そのような返事が返ってくるとは
思っていなかったので少し驚きましたが、


住宅ローンの返済を含めた将来(老後)が見えないので
とても不安と話をしてくれました。


年齢的に住宅ローンの借り換えが不可能なことや、厳しい状況を考えると

私では無理なので、いつもお世話になっている

ファイナンシャルプランナーの先生をご紹介をしました。


生活費・生命保険の等の見直しなど、今から取り組めることを
いろいろな角度からアドバイスをしてもらったそうです。


分かっていても、長年のリズムを中々変えることができません。
アドバイスを受けることで決意もできるし、思ってもいないアドバイスで
大きく変えることができたりします。


「ファイナンシャルの先生に勇気をだして相談してよかった。」と
言ってもらいました。


先が見えなことほど、不安なことはありません。
お勧めしてよかったです。


大変やけど、ご家族が力を合わして乗り越えましょう。
by i-tsc | 2015-02-19 17:37 | アドバイス

お困りごと

昨年、お世話になったお客様からお電話をいただき、

「東大阪まで行ってもらえますか?」と
内容をお聞きしますと、水漏れしているので、
どこにお願いすればいいのか分らないとのことでした。
水漏れの箇所によって、市水道局の指定業者でないとできないので


箇所の確認をしますと、浴室のシャワー付混合栓と
洗面台のシングルレバー水栓の2箇所でした。


ご主人の実家でもあり、水栓金具からの水漏れだったのと
相当困っておられたので、昨日、行ってきました。

お母様曰く 

 メーカーに電話したが、

   メーカー「金具の品番を教えて下さい、分らなければ
        金具の横にシールが貼ってあります。」

    お母様「シールは文字が消えてしまっています。」

   メーカー「分らなければ、ホームページにいままでの
        使った水栓金具の写真が載っていますので
        確認してください。」

    お母様「インターネットをしていないので、
        確認できない。」

   メーカー「品番がわからなけれが対応できない・・・」

    お母様「・・・・・・」


メーカーの対応が悪すぎです。

水栓金具の横に確かにシールが貼ってあるが、
10年もたてば文字も消えてしまいますよね。

文字が消えないシールを開発するとか、
Webの活用も、お客様のためにと言ってますが、会社のコスト削減のでは・・?


Webを活用できないお客様のために、
専門用語を使わないでの聞き取り方ができるはずです。



不親切な対応に憤慨されていました。
当然だとおもいます。

昨年、キッチンの水栓金具が水漏れしたので、
どこに頼めばよいのか分らなかったので、
チラシがよく入る会社にお願いしたら、
相当高く請求されたことがあったので、
よけいに不安になり、困っておられたようです。



水栓の写真を撮って、すぐ対応しました。


お困りごとが解決してよかったです。



困っておられることに少しでも役に立ち、
喜んでいただけるよう頑張ってます。



       
by i-tsc | 2012-06-01 19:04 | アドバイス

カビが発生

トスクホームの岸下 篤です
梅雨の晴れまですね、あすも晴れます
ブログをみていただき ありがとうございます

お客様より、「湿気が多いので、この家 雨漏れしてんのちがうやろか、
心配やし見て欲しい・・・・」
ということで 早速、昨日見に行ってきました

雨漏れはしていませんでした  よかったです

湿気の多く感じる原因を調査していくと
1階の部屋の家具の裏側の壁と押入れの壁の一部に
カビが発生していました

カビが発生するメカニズムとして
     温度 25~30°
    湿度 70%以上
で発生し、建材や仕上げ材に使われる接着剤やのりを栄養分として、
  湿気のある場所に発生します

今回の一番の問題は、換気でした
   「用心が悪いのでほとんど窓をあけていなかった」そうです


カビ対策として
   押入れの床、壁にスノコを敷く
   家具等の裏側は壁から5㎝程度離す(但し、地震での転倒には充分注意して下さい)



皆様 明日は晴れます 
窓をあけて換気をしかりしましょう 

by i-tsc | 2008-06-06 15:12 | アドバイス