人気ブログランキング |

ライフスタイルにあったお客様の想いをつくり出していく家づくりをお手伝いいたします。


by i-tsc
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ポイントを絞る

家づくりを考えた時に、ほんわりとしたイメージしか
持てないのではないでしょうか!

自分たちがどんな家に住みたいかを考えても、
中々明確になりません。当然だと思います。

身近なところでは、住宅展示場に行きます。
こんなにも沢山のハウスメーカーがあるのかと驚きます。

その沢山の会社がそれぞれの工法で、家を作っています。

コンクリート構造の家、鉄骨構造の家、圧倒的に多い木造在来工法の家、
アメリカから入ってきたツーバイフォー工法の家・・・・・・・

住宅展示場は、興味をそそる家ばかりで目移り、
自分たちはどんな家に住みたいのか解りません。



こういう時は、「ポイントを絞る」ようにしましょう。

現在、自分たちの身近な住まいで、
   ☆不満なところや嫌いなところ
   ☆好きなところや気に入っているところ        
                  を考えてみましょう。

  ポイント1 ☆不満なところや嫌いなところ
           ・コンクリートの家は、冬場 結露がすごいので嫌
           ・キッチンが狭いので使いにくいので不満
                    ・
                    ・
     このように、今のすまいから不満や嫌いな点を考えることによって
     改善点が見出せます。

  ポイント2 ☆好きなところや気に入っているところ
           ・キッチン・洗面・浴室の動線が良いところが好き
           ・2階の住まいなので、周りが密集しているが、
             日当たりが良いので気に入っている。
                    ・
                    ・
     家事動線は毎日のことなので今の住まいを参考に、また
     2階にリビングを設けて生活の中心にする。
     
     現在の住まいの嫌な点や、良いところから出てきたアイデアが、
     ご家族が住みたい希望の家に近づいていきます。  

  


   
  【後悔しない家づくりの秘訣】セミナーを開催します。
    日  時   3月 1日()  14:00 ~ 15:00
    場  所   弊社ショールーム

    ご予約・お問い合わせ
     フリーダイヤル  0120-24-5454
    または
     http://i-tsc.comのお問い合わせフォームより
     メールアドレス  info@i-tsc.com

       (ご予約が必要です)

   大切なセミナーです。無料ですので是非ご参加ください。
   売り込みなど一切致しません。 
     
# by i-tsc | 2015-02-24 22:31 | 家づくり

省エネリフォーム補助金

今朝は、寒さが厳しかったですが、
最高の天気になりました。
風は冷たいですが、気持ち良いですよ。


地下鉄「御池駅」も人でごった返していました。
爆買い」が、今話題になっていますが、
観光の人たちも多く見受けられました。


京都市の省エネや耐震改修の補助金の受付窓口となっている
「京(みやこ)安心すまいセンター」へ、
省エネリフォームの事前協議に行ってきました。

国の「省エネ住宅ポイント」が実施されることにより、
京都市が以前より実施してきた、重複する対象
(窓・外壁・屋根等の断熱改修、高断熱浴槽の設置など)は休止となり、
「ドアの断熱改修」などが対象工事メニューとして2月12日発表されました。


今回のリフォーム内容が、「ドアの断熱改修」の補助金の対象になります。

使用するのは玄関引き戸ですが、京都市の補助金を受けられる基準は、
熱還流率4.65以下、面積2.6㎡以上が補助金¥30,000で、
2.6㎡未満が¥15,000です。

面積が3.3㎡ありますので、補助金が¥30,000受けられます。

無事 事前協議が済みました。


省エネ住宅ポイントの「窓の断熱改修」の対象となる内窓につては、
事後申請となりますので、施工後申請致します。

省エネ住宅ポイント事務局は、3月10日から開設となります。


今回のリフォーム工事が、すごく良いタイミングで京都市の補助金や、
省エネ住宅ポイントを活用できるので良かったです。

工事を無事故で進めていきますので、
何卒よろしくお願いいたします。



  京(みやこ)安心すまいセンター
   烏丸御池東南角
   アーバネックス御池ビル西館4階
   075-744-1631

# by i-tsc | 2015-02-21 12:24 | リフォーム

何方にも不安はあります

会社勤めからリタイヤして悠々と人生を過ごしている人・・・
同じ団塊世代で、悩みながら日々過ごしている方・・・


今の起こっている事は、積み重ねてきた結果ですから、

厳しいですが・・・・・・・

同じ世代の方が悩んでいるのに、ほおっておく訳にはできません。


住宅建築に携わって40年になります。
今で続けてこれたことに感謝しています。
何か恩返ししていかなければと思っています。


ご縁のある方に積極的に、「家に関わるお悩み」がないかお声をかけています。

特に、住宅ローン返済に困っていないか?

今までの経験を生かして、アドバイスをしています。



先日、リフォームのお客様と打ち合わせが終わり、

「嫁がれた娘さんは、住宅ローンのチェックをされていますか?」と

お尋ねしたところ、

「娘は繰り上げ返済をして意識しているが、私の家が大変」と

打ち明けられました。

私は、そのような返事が返ってくるとは
思っていなかったので少し驚きましたが、


住宅ローンの返済を含めた将来(老後)が見えないので
とても不安と話をしてくれました。


年齢的に住宅ローンの借り換えが不可能なことや、厳しい状況を考えると

私では無理なので、いつもお世話になっている

ファイナンシャルプランナーの先生をご紹介をしました。


生活費・生命保険の等の見直しなど、今から取り組めることを
いろいろな角度からアドバイスをしてもらったそうです。


分かっていても、長年のリズムを中々変えることができません。
アドバイスを受けることで決意もできるし、思ってもいないアドバイスで
大きく変えることができたりします。


「ファイナンシャルの先生に勇気をだして相談してよかった。」と
言ってもらいました。


先が見えなことほど、不安なことはありません。
お勧めしてよかったです。


大変やけど、ご家族が力を合わして乗り越えましょう。
# by i-tsc | 2015-02-19 17:37 | アドバイス

家族の絆 2

 寒さ厳しい日々が続いていますが、

今日 3分咲きの 「梅」 を見ました。

梅の花は、決して華やかさはないですが、

花びらに凛々しさがあり、品格があります。

梅の花言葉に、「高潔」、「気品」、「忍耐」とあります。

寒風を耐えしのぎ、春を告げる先駆けとして彩ってくれます。

うれしいですね。心がなごみます。心は春です。


 さて、前回「『何のために家が欲しいのか?」を家族全員で話し合ってほしいのです。』
    と書きました。


 今までお聞きした中で多かったのは、
    「今のマンションの家賃を払って行くのがもったない」
    「子供が増えたので、手狭になりこの機会に」
    「教育環境を考えて、子供が学校に上がる前に」
    「子供と一緒に居れる間に、思い出を残せる家にしたい」
    「友達を呼んでパーティーをしたい」
    「自分たちの趣味の部屋を作りたい」
            ・
            ・
            ・
 「家づくり」の動機や理由を、ご家族で決められた中に
想いが詰まっていると思います。

その詰まった想いを、大きな紙やノート、メモにじっくり時間を掛けて
書き出してみましょう。

 また、住宅雑誌や広告等の外観や内観の気に入った写真などが
あれば切り取っておきましょう。

 ここで大切なことは、ご家族の意見や想いが違うことが多くあります。
当然のことです。特に、男性と女性では違います。

ご家族みんなの意見や想いをお互いに向き合って大きく受け止めて
書き出しましょう。そして、時間を掛けて、優先順位を付けていきます。

 また、20~30年先まで想定しておきましょう。
 例えば、自分がリタイヤする年齢までとか。


 この作業は大変ですが、家づくりを進める途上において
予算の関係で要望を抑えなければならない時や、
ご家族で意見が分かれた時など・・・・越えなければならない
課題がたくさん出てきます。

 最初に「何のために家が欲しいのか?」を、ご家族で話し合っておけば、
いざという時に、ご家族の絆が深まり乗り越えて行くことができます。

 このことが、将来にわたってご家族の財産となります。


   幸せになるための家づくりです!!
# by i-tsc | 2015-02-15 18:19 | 家づくり

家族の夢 1

家づくりを進める前にしておくべきこと


「そろそろ自分たちの家を建てようか?」と思う動機で、

多くの人が思うのは、

   「家賃を払っていても自分たちのものにならないので、

    それだったら住宅ローンを払っているほうがましだ。」

            ではないでしょうか?



そして、Webや住宅専門誌で情報を集めたり、

住宅展示場、完成見学会を見学したりします。



それも大切ですが、その前にしておくべき事があります。



 「何のために家が欲しいのか?」を家族全員で話し合ってほしいのです。



 「何のために家が欲しいのか?」

家づくりで、一番大切なテーマです。


小さいお子さんや、大きくなられた息子さん・娘さんも参加して、

時間を掛けて話し合いましょう。




テーマを明確にすることによって、家づくりは成功します。











 
# by i-tsc | 2015-02-11 21:49 | 家づくり